キャンペーンがきっかけで

ポイントサイトに入会していました。そのサイトを経由することで、ポイントが付与され現金などと交換できるという便利なサイトです。その中のひとつにクレジットカードの案内がありました。キャンペーン中らしくいつもの数倍のポイントが付与されるとのことです。それプラス、年会費無料やクレジットカード自体にも数千円分のポイントが付けられるとのことで、申し込むことにしました。簡単な作業後すぐに発行されるという意外なスピード感に驚くのです。そのクレジットカードは大手のショッピングサイトと提携しており、そこで買い物することで通常よりも数倍のポイントがもらえます。かなりポイントが貯まるようになってきたこともあり、楽しみがひとつ増えました。

新幹線ヘビーユーザーならオススメ

新幹線で出張が多い人や、実家へ帰省で定期的に利用する人、旅行やレジャーで利用頻度が高い人におすすめのなのは、JR西日本のクレジットカード「j-westカード」です。年会費は初年度無料のものもあり、2年目以降もカード使用すれば年会費無料です。西日本在住の会社員の方は、一枚あるといいかもしれません。このクレジットカードは新幹線の予約がネットで出来て楽になるだけでなく、会員割引(2割引き程度)が受けられ、会員限定のセールもあります。またチケットレス乗車や、発券も専用発券機を利用できるので、窓口の混雑時や受付時間外でも発券できて便利です。セールは2名分の乗車券のセットで、通常乗車の40%から50%割引された金額の時もあります。期間限定で路線は決まっているものなのですが、あらかじめ里帰りや出張、レジャーで行先と日程が合えば、かなりお安くなります。新幹線は大人1名に付き、2名までの乳児・幼児(6歳まで)は無料なので、このクレジットカードを使うとレジャー交通費はかなり節約できますよ。もちろんクレジットカードなのでポイントもつきます。新幹線利用コストも抑え、ポイントも貯まるので二重でお得なカードです。

クレジットカードはポイント2倍取り

クレジットカードで買い物するとき、カード一枚で買い物してませんか?私はスーパーで普段買い物をしているときに、クレジット付きTカードとイオンクレジットカードの両方を出して、ポイントをそれぞれもらっています。TカードはTポイントが付くお店なら、提示するだけでポイントが付くので、支払は別のポイントが付くクレジットカードがお勧めです。楽天カードも100円に付き1ポイントつくので、カード払いや楽天ポイント付与のお店で提示すると、年間で数千ポイント程度はたまります。ネットで買い物をするときも、それぞれお得なポイントサイトがありますので、利用しましょう。通常ただ買い物するより2~10倍のポイントがもらえます。お店のポイントカードだと一店のみですが、クレジットカードだとポイントが貯まるお店がたくさんあるのもいいですよね。ちょっとひと手間かけるだけで、年間の家計の支出額の1~2%のポイントがもらえますよ。80万だと8000~1万6000円は貯まります。銀行金利が低く、お金が貯まらない今だからこそ、換金性のあるクレジットカードのポイントは嬉しいですね。

即日発行できる!アコムのクレジットカード

海外へ行くことになった場合や30歳以上で初めてクレジットカードを作る場合は、アコムの「ACマスターカード」の即日発行を利用すれば便利です。申込みから審査、契約完了まで最速30分でできます。パートやアルバイトといった方でも一定の収入があれば申し込むことができ、他社からの借入れがあり心配な場合は、アコム公式サイトに3秒診断で前もってカードが作れるかどうか確認できます。年齢・性別と独身既婚の区分・他社借入状況として、件数と合計金額を入力し診断します。他社からの借入があまりに多い場合は、そこでの判断はつかない場合があり、フリーダイヤルで問い合わせることができます。クレジットカードの申込みは、インターネットを利用すると24時間いつでもできます。そして自動契約機のむじんくんを利用するとクレジットカード即日発行の受け取りも可能です。そしてこのカードは、入会と同時に最大500万円までのキャッシング枠も設定できるので、海外での使用をより便利にします。本人確認書類の提出は、運転免許証などをスマホのカメラで撮影しアップロードすることで提出することができます。そしてこのクレジットカードにはアコムの文字がなく、消費者金融いうことで気にする人にとってはうれしい配慮です。

楽天カードを使ってポイント貯めてお得に良いもの食べています

普段使用しているクレジットカードは、2種類あって一つが楽天カードです。楽天カードは、楽天市場で買い物をする人なら持っていて損はないと思います。我が家は、車が無いのでお米やミネラルウォーター今は買っていませんがおむつ等も全て楽天市場で購入していました。そのため、それだけでかなりのポイントが付きます。大体楽天市場でポイント10倍キャンペーンなどをやっているのでそういう時を狙って買うとあっという間にポイントが貯まります。さらに、楽天市場では会員にランクがあってランクに応じて特典があり誕生日にもポイントが付きます。今は、更に楽天モバイルと契約し楽天モバイルのカード引き落としを登録したので常にポイントが+1倍になっています。常にキャンペーンなどが開催されているのでお得情報を探してポイントを貯めて沢山貯まったところで普段は買えない高級肉を買ったりして楽しんでいます。

ホテルなどでの優待サービスが充実しています

私が活用しているクレジットカードは、ホテルやレストランなどでの優待サービスに優れている事が特徴です。永久的に消えないポイントの制度を採用していて、買い物などで溜めたポイントが自動的に引き継がれる事も魅力的です。海外旅行に行く時は海外でも使用できるクレジットカードを活用して、家族と一緒に優待サービスが付いているレストランを利用する事がお得です。料理を注文した時に最大で定価の1割ほど必ず割引をしてくれるので、美味しい料理や高級な料理を子供と一緒にお得に頂いています。ホテルなどに宿泊する場合、優待サービスが付いている施設を利用すると、1万円の宿泊費が掛かった場合に最大で千円も割引してくれます。お得な制度が充実している施設を選んで、優待の制度を活用しながら現金をなるべく使わない事が大切です。

カード払いのほうが現金より得

最近思うのは、支払いはなるべく現金でなく、クレジットカードによる決済がよいのではいうことです。なぜなら、クレジットカードを使えば、ポイントが溜まるからです。現金で支払っても、単に現金が減るだけで、それ以上のことは何も起こりません。ただ、カードの場合はポイントがありますので、これを有効に活用すべきだと思います。なので、例えば公共料金から新聞費、保険代やらすべてをカードで支払ったほうがよいと思います。そして、ポイントが溜まるということが知れ渡ってくると、いずれは現金よりカードのほうが強い時代がくるのでは個人的には思っています。それほどお得であり、各社ポイントのつけ方に躍起だからです。ただ、注意点は、カード支払不可のところがまだまだ多いことだと思います。

クレジットカードは多く持つ必要はない

クレジットカードは多く持っていれば持っているほど良い、というものではありません。すべてのカードが年会費無料のカードであったとしてもそれは同じです。何故でしょうか。それは、カードを作るということは不正利用されるリスクも考えなければいけないからです。キャンペーンなどに釣られて何枚もカードを作る人がいますが、管理しきれず不正利用に気が付かなかった場合、その被害は甚大です。使っていないカードは、思い切って解約するようにしましょう。基本的に必要なカードの枚数というのはライフスタイルによって変わりますが、多くても3枚くらいまでがキチンと管理が行き届く枚数といえます。1枚はメインカードとして、残りはサブカードとして、クレジットカードのブランド(VISAやJCBなど)はそれぞれに違う会社にして決済手段を複数持つというのが、上手に利用しながら万が一のリスクにも対応できるカードの持ち方といえます。

クレジットカードの選び方

クレジットカードをいざ作ろうとすると、その種類の多さに悩んでしまいますよね。様々な銀行、店、クレジットカード専門の会社が出しています。そこで私のクレジットカードを選ぶ決め手をお教えします。それは、ポイント還元率です。ポイント還元率と一言にいっても、どこでカードを使うのかによって、おすすめカードが変わって来ます。もしネット通販をよくされるのでしたら、ネット通販会社系のカードが断然おすすめです。私は地方に住んでいて、ネットと買い物は切っても切り離せません。いつもネット通販会社系のクレジットカードで買い物をして、そしてそこの会社のポイントに交換してもらっています。商品券に交換するよりも交換比率が良いのですよ。そうやって、自分の買い物スタイルを分析すると、一番自分に合ったカードを選べますよ。

買い物の幅が広がるクレジットカード

クレジットカードの利点といえば、手持ちの現金の多さに囚われてしまわず買い物を楽しめるようになったり、一括払いだけではなく、分割払いやリボ払いでショッピングを行えるので、高額な買い物を一度に行う時であっても、自分のペースに応じて無理ないペースで支払いを楽しめる点が挙げられます。財布に少ししかお金を入れていなくても、カードが有れば大きい買い物も楽しめますし、クレジットカードを持っておけば多額なお金を持ち歩く危険性とも無縁で、治安が悪い地域を海外旅行する時であっても安心です。また、クレジットカードは利用した金額に応じてポイントを溜められる点も魅力です。現金で支払ってもポイント還元が無いですが、クレジットカードなら支払った金額の一部をポイントとして溜めることが可能です。私は毎月のプロパイダ費用やジムの会費などの固定費を全て口座振替ではなくクレジットカードで支払って、少しでもポイントを溜められるように努力しています。